パートナーと結婚するとしたらどんな道を選ぶか悩む女性たち

女性は性愛をどう思うか。いずれ主婦になりたい、仕事したいとか

たとえば僕から見ると、専業主婦というのは時として非常にきつく、つらい立場に思えますが、本人たちは楽しんでいるものなんでしょうか。酒井『STORY』や『VERY』といった奥様向けのファッション雑誌を読むとよくわかるんですが、今の時代に専業主婦の道を選ぼうとすると、ある程度お金持ちのご主人がいないと無理なんですね。なので、特権意識を持って専業主婦になるというサクセスのコースはあると思います。斎藤そういった優雅な専業主婦は多数派ではないですよね。

酒井そうですね。その手の雑誌の主な読者は団地妻なのだ、という話もありますし。ただ、目立つポジションにいて、世の女性たちから羨望の眼差しを受けるということが、『JJ』で育った世代にとって、一つの幸福のパターンとなっているという事実はあると思います。わか上野千鶴子さん(東京大学教授)が『結婚帝国女の岐れ道』(講談社、二〇〇四年。信田さよ子との共著)でおっしゃっていたんですが、特に私たちの世代は、男性に負けないように勉強も仕事もできないといけないという思いがある一方で、やはり専業主婦的な生き方こそが女の幸せではないかという思いもあって、「股裂き状態」になっている。

なので、仕事もして結婚もして子どもを産んで、という生き方にどうしても執着してしまう。もちろん私も仕事に満足しながら、どこか虚無感を覚えてしまうところがあり、すべての人が欠落感を抱えている。それを受けて、最近では夫が金持ちなうえに、妻もキャリアを継続し、なおかつ子どもも育てているといったスーパーウーマンが増えているので、お金持ちの専業主婦といえども、究極のゴールじゃない、という空気もあります。
友達とよくヘルスについて話しをしますがやっぱりこのサービスがいいといつも結論が出ます。それは徳島阿南市にあるデリヘルのサービスです。誰かに見られる事もなく安心して楽しい事が自宅で出来てしまうのが最大の利点です。


酒井相当勇気がいることですよね。少子化対策の難しさ斎藤国も本気で未婚者を結婚させたいなら、「世話焼きおばさん育成プラン」くらいのことを考えないといけないですね。

政府や自治体はあくまで少子化を防ぐために結婚率を上げたいようですが、そもそも若者を公的な支援でカップリングさせようという発想に違和感がありますし、単に少子化対策だけを考えるなら、結婚を勧めるよりも、シングルマザーを助成する制度を整える方がまだ効果的でしょう。ただ、そうなるとますます結婚という制度の非合理性が明らかになって、非婚化が進んでしまうかもしれませんが……。精神科医の斎藤學さんも、少子化対策に限らず男性偏重の日本の戸籍制度を問題視していますが、その見解には条件つきで賛成です。

新着情報
2013/05/14 注目情報を更新しました。
2013/05/10 新着記事を更新しました。
2013/05/09 支援者の支援を更新しました。
2013/05/06 自分の趣味嗜好を更新しました。
2013/05/04 主婦のステータスを更新しました。
2013/05/02 ヒエラルキーを更新しました。
2013/05/01 女性は性愛をどう思うか。いずれ主婦になりたい、仕事したいとかを更新しました。
2013/04/28 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
上野風俗大阪風俗情報フードルTV
街中の完全素人娘エステ、清楚でお姉様系ヘルスを展開大阪風俗情報を地域別にご紹介します。関西一円のお得な風俗情報や風俗嬢を、動画や写真・漫画等で探せるサイトです。